婦人

ドバドバ出てくる嫌な汗を抑えよう【多汗症の原因は一つではない】

脇汗には手術が効果的

脇を嗅ぐ人

多汗症や多汗症に伴うワキガは美容整形外科で治療しています。治療法にはいくつかの種類がありますが、最も効果的なのが手術です。手術は短時間で終了するので入院する必要もありません。汗腺を完全に取り除いてしまうので術後に再発することが無いので安心です。多汗症やワキガの症状は美容整形外科で治療しましょう。

詳しく見る

汗っかきは治せる

カウンセリング

多汗症なら、医療機関を受診しましょう。超音波で汗腺を破壊したり、注射で汗を止めることもできます。同じように汗で悩んでいる人が多いので、治療する人が多いです。美容外科なら無料カウンセリングがあるので相談しやすいです。

詳しく見る

多量に汗をかくのは

ボディ

なぜ人によって汗の量が違うのか

まず、運動したり暑いわけでもないのに多量に汗をかく事を多汗症と言います。これは局所性のものと全身におきるものがあり、局所性のものは、手のひらにかく手掌多汗症、足の裏にかく足底多汗症、腋の下にかく腋窩多汗症があります。多汗症の原因はまだ解明されていませんが、精神的な不安やストレスからきているのではないかという仮説があります。具体的には、不安や緊張などによって交感神経が過敏に反応することにより汗をかくという仕組みです。また、精神的な問題によって恐怖を覚えて発汗することから発汗恐怖症ともよばれています。他の原因として、ホルモンバランスの乱れによっておこると言われてもいます。これは、ホルモンバランスが乱れることにより交感神経も乱れることにより発汗するとされています。なので、女性などは月経期の間に影響を受けやすいです。他には、食生活による影響で味覚多汗症になることがあります。例えば、辛い食べ物ばかりを食べるなどの偏った食事、カフェインを過剰摂取などです。これによって交感神経が刺激されて発汗します。また、遺伝の影響で多汗症になる場合もあると言われています。

治す方法

治療法は自宅での民間療法もありますが、病院での治療がより効果的です。治療方法としては、塩化アルミニウム療法、イオントフォレーシス療法、マイクロウェーブ療法、ボツリヌス療法、抗コリン薬による治療法などが挙げられます。塩化アルミニウム療法は、塩化アルミニウム水溶液の20〜50%を気になる箇所に塗って治療するという方法です。手のひらや足の裏、腋の下などの症状が軽い人向けの療法で、一定の効果を得ることができます。イオントフォレーシス療法は、専用の機器に水を入れて、そこに手や足を浸したところに30分ほど弱い電流を流すことで治療する方法です。手のひらや足の裏の症状がメインで、数ヶ月ほどの通院が必要になりますが簡単にできる方法です。マイクロウェーブ療法は、マイクロウェーブという名の電磁波を当てて汗腺の細胞を破壊する方法です。この方法は、1回の施術だけで効果が得られ発汗がほぼなくなるため、身体への負担が少なく安全な治療法です。ボツリヌス療法は、ボツリヌス毒素を気になる箇所に直接注射する治療法です。この方法は、多汗症の程度によって効果が異なってくるので、重度の人は一度で効果を実感できない場合があります。抗コリン薬による治療法は、交感神経から伝達物質であるアセチルコリンという物質の働きを抑えることによって、脳から伝わってくる発汗命令を抑制する治療です。この方法は一定の効果があるといわれていますが、のどの渇きや便秘などの副作用がある場合があるため、注意が必要です。まずは医師に相談してみると良いでしょう。ドバドバ出てくる嫌な汗を抑えられるはずです。

汗による美容トラブル

女医

汗は、気温が高い時だけでなく、気持ちが高ぶった時にも分泌されます。そして、その量が多すぎると多汗症となります。多汗症の治療は、美容外科でもおこなわれています。ボトックス注射や神経をカットする手術などですが、いずれの場合も汗の分泌が抑えられ、それによる匂いや黄ばみなども生じにくくなります。

詳しく見る

大量の汗の原因は

腕を上げる女性

多汗症は、寒い日や静かに過ごしている時でも大量に汗をかいてしまいます。特に手のひらや脇の下など局所的に汗をかく人が多く見られます。ストレスなどが原因とされていますが、全身に汗をかく場合は病気なども原因となっています。治療にはボトックス注射や汗腺の除去などが行われます。

詳しく見る

Copyright© 2016 ドバドバ出てくる嫌な汗を抑えよう【多汗症の原因は一つではない】 All Rights Reserved.