女性

ドバドバ出てくる嫌な汗を抑えよう【多汗症の原因は一つではない】

大量の汗の原因は

腕を上げる女性

症状の特徴

激しい運動や気温の高い時などに大量の汗をかいたりしますが、多汗症で出る汗はそれとは別物です。多汗症は、寒い冬の日や静かに過ごしているときでも大量の汗をかいてしまいます。人間が汗をかくのは体温調節のためですが、多汗症の汗は必要の無い時に出てきてしまうのです。多汗症の症状は、手のひらやわきの下、足の裏など特定の場所に大量の汗をかく人が多いのが特徴です。手のひらが水で洗ったばかりのようにびっしょり汗で濡れてしまったりするのでハンカチやタオルが手放せない人もいます。脇の下の汗は、洋服がシミになったり細菌が繁殖して臭いがひどくなったりして周りに迷惑をかけてしまうことにもなりかねません。臭いが気になって人と会話をするにも気を使ってしまったりします。また手のひらと足の裏は関係性が高く、手に汗をかいている時には足にも汗が出ている人が多く見られます。多汗症の原因の一つとして精神的ストレスがあげられます。緊張や不安を感じると交感神経が活発に働き汗をかきやすくなります。なぜ交感神経が活発になるのかというメカニズムははっきりと解明されていません。それにストレスを抱えやすい人が全て多汗症になるわけでもないのです。

効果的な治療法とは

多汗症は糖尿病や肥満などの生活習慣病やリウマチ、結核、バセドー病などの病気が原因で起こることもあります。この場合は手のひらや足など局所的に汗をかくのではなく全身に汗をかくことが多くなります。暑くもないのに汗がよく出るようになった時には病気を疑って病院で検査を受けたほうがいいでしょう。女性の場合は、ホルモンバランスの乱れで交感神経の働きに影響が出てしまうことがよくあります。更年期や妊娠した場合、その影響は大きくなり多汗症になってしまうことがあるのです。多汗症の治療にはボトックス注射が効果的です。ボトックスとはボツリヌス菌の毒液から抽出した薬液で、整形では様々な場面で使われています。ボトックス注射は、発汗を促す神経伝達物質のアセチルコリンの働きを抑制する作用があります。汗の出やすい部分に注射して発汗を抑制するので、手のひらや脇の下、足の裏など局所的な症状の場合に適している治療法です。注射するだけなので簡単で費用も比較的安いので人気の治療です。ボトックス注射の持続期間は体質にもよりますが長くて半年ほどです。ボトックスは自然に体内で吸収されてしまうので再治療が必要となります。本格的に治療したいのなら汗腺を除去する方法もあります。

Copyright© 2016 ドバドバ出てくる嫌な汗を抑えよう【多汗症の原因は一つではない】 All Rights Reserved.