女性

ドバドバ出てくる嫌な汗を抑えよう【多汗症の原因は一つではない】

脇汗には手術が効果的

脇を嗅ぐ人

臭いの原因にもなります

多汗症とは一般的な汗っかきなどとは違い、運動をしているとか暑いとかのような汗をかく理由が無くても大量の汗をかいてしまう症状のことです。この多汗症は大きく分けると全身から発汗する全身性多汗症と手のひらや足など特定の部分が集中的に発汗する局所性多汗症に分けられます。多汗症の原因は現代の医学でもはっきりとはわかっていませんが、交感神経の失調や後天性の病気などが原因となっていると推測されています。このような多汗症の一つにワキガ多汗症とよばれるものもあります。ワキガ多汗症はワキの部分で生じる多汗症のことで、臭いを伴うことがあります。一般的にワキガとよばれている症状と多汗症は別の症状なのですが、この二つの症状は時に合併して生じることがあります。このような場合をワキガ多汗症と言います。この症状では発汗により臭いを伴う汗をかくことで人前に出ることが嫌になったり、発汗の不快感から生活の質が大幅に低くなってしまうことがあります。多汗症によるワキガは美容整形外科で治療を受けることができます。脇汗が常に気になって不快でしょうがない方やワキガの臭いが気になる方は、できるだけ早めに美容整形外科で診察を受けるようにしましょう。

美容整形外科で相談

美容整形外科で行っている治療にはいくつかの種類があります。それぞれの治療法によって持続効果などが異なるので、治療を受ける際には医師の説明をしっかりと受けるようにしましょう。主な治療法は外用薬や注射をはじめ、飲み薬や手術などがあります。現在これらの治療法のなかで最も効果が高いのが手術です。美容整形外科ではこの手術による治療に力を入れています。手術による治療のメリットは他の治療法とは異なり完治が期待できる点です。他の治療法は基本的に対処療法となっているので効果が弱まってくると再度治療を受け直す必要がありますが、手術の場合には多汗症やワキガの原因となっている汗腺を取り除く治療を行うので症状の原因を完全に取り除くことができます。手術にかかる時間は1時間程度が基準となっています。そのため手術に際して入院する必要もありません。手術後は定期的な健診を受けるだけなので手軽に手術を受けることが可能です。多汗症やワキガ手術の傷跡はほとんど目立たなくなる点が特徴です。術後の時間経過とともに手術痕が小さくなり、最終的にはうっすらと傷跡が残る程度となります。多汗症の症状やワキガで悩んでいる方は美容整形外科で治療を開始しましょう。

Copyright© 2016 ドバドバ出てくる嫌な汗を抑えよう【多汗症の原因は一つではない】 All Rights Reserved.